【特集】旅のトラブルを未然に防ぐ!スーツケースの破損対策と対応ガイド

旅行の必需品であるスーツケースは、私たちの大切な荷物を運ぶ信頼のパートナーです。しかし、多くの旅行者が気づかないのは、空港や運送会社におけるスーツケースの扱い方です。
LDUVINでは、皆さんのスーツケースが旅の安全を確保するための対策と、万が一の破損時の対応について、有益な情報を提供します。

スーツケースの現実:荷物としての厳しい扱い

多くのスーツケースは耐衝撃性に優れた素材で作られていますが、実際には空港や運送会社によって「荷物」として扱われるため、時として乱暴な扱いを受けることがあります。特に繁忙期の空港では、ベルトコンベア上でスーツケースが引っかかるなどのアクシデントが発生しやすく、通常では考えられないような破損が生じる可能性があります。

破損証明書(Damage Report)の重要性

航空会社は、荷物(スーツケース)の破損に対して、破損証明書(Damage Report)が発行されたケースに限り、修理代等の補償を行います。証明書は、税関を通過する前の「手荷物サービスカウンター」で発行されるため、受け取り時にはスーツケースのチェックを忘れずに行いましょう。

破損チェックのポイント


  1. キャスター部、底足、取っ手の損傷:
    突起している部分は衝撃を受けやすいため、特にこれらの部分の損傷は一目でわかりやすいです。これらの部分に衝撃があると、ボディ自体に亀裂や陥没が生じることもあります。
  2. 中身と機能のチェック:
    外観だけでなく、中身も確認しましょう。フレームの歪みは開閉の不具合や鍵の問題を引き起こす可能性があります。航空会社が補償対象外と判断した場合でも、破損証明書は受け取り、海外旅行保険での対応を検討しましょう。

補償の範囲と代替品の貸与

破損したスーツケースの補償範囲は、航空会社によって異なります。機能を損なっていない軽微な損傷や汚れは補償対象外であることが多いです。 破損がひどく旅行に支障をきたす場合は、航空会社から代替のスーツケースを貸与されることもあります。この際、選択肢が提供されることもあるので、遠慮なく選んで利用しましょう。

スーツケースは単なる収納箱ではなく、旅の安全と快適性を保証する重要なアイテムです。LDUVINでは、スーツケースを長持ちさせ、旅行中の安心をサポートするために、適切な知識と対策で、お客様の旅がより安全で楽しいものになることを願っています。